2007年 12月 05日 ( 3 )

「生きのびるための労働法」手帳

 フリーター全般労働組合「生きのびるための労働法」手帳を配布している。
 以下、同組合のホームページより。
手帳つくりました。内容は「労働組合ってなに?」/解雇(いきなりクビにはできない)/休暇(給料をもらって休める有給休暇)/給与(残業・深夜・休日労働には割り増しがある)/労災(仕事中にケガをしたら労災で補償される)/社会保険(社会保険に入るとこんなにおトク)等々。働いて生きのびるために必要な情報を文庫本サイズに凝縮した手帳です。必要な方に無料で差し上げます。(後略)
 A5サイズのPDFでも公開しているので、そのままプリントアウトして使える。
 フリーター全般労働組合の「生きのびるための労働法」手帳*PDF 
 見れば一目瞭然だが、労働者の基本的な権利をわかりやすく説明しており、非常に便利である(「フリーター」だけでなく、正社員でも使える)。

 私たちの世代は一般にとかく労働法に関し無知である。特に非正規雇用だと、まったく権利がないと思い込まされている。解雇されても、労災を受けられなくとも、残業代が支払われなくとも、ピンハネされても、ただ「そういうものなんだ」と考えて泣き寝入りする人々が非常に多い。
 それ以上に問題なのは、たとえ権利を知っても、実際に行使する勇気をもてないことにある。「弱肉強食」社会を変えることのできないものとして受け入れ、何事にもあきらめてしまっている人々にとって、企業に異を唱えることは、かえって自分の立場を悪くするものとしか映らない。また実際に今や経営者は「やくざ」とほとんど変わらないので、暴力的脅迫を受けることも日常茶飯事である。

 この「生きのびるための労働法」手帳は、そうした実情にも配慮している。
 たとえば「解雇」の項では「いくら法律や判例に照らして問題があると主張しても、雇い主が受け入れないことがよくあります。そのような困難に直面した場合には労働組合に加入して、一緒に交渉することをお勧めします」と、1人でも加入できるフリーター全般労組ならではの忠告をしているし、労災の項では「よく会社が労災を認めないなどと言われますが、労災かどうかは労働基準監督署が決めるもので、会社が決めることではありません。ですから、会社を通さずに、本人が直接申請を行えばよいのです」と会社側との摩擦を極度に恐れる人々に配慮している。労働時間の記録ページがあるのも残業時間の算定の証拠として有効である。
 
 ところで、日本最大の労働団体である連合は、組織率が過去最低を更新したそうだが(朝日新聞 2007/12/04 19:29)、公務員や大企業の正社員の既得権益の維持ばかり追求して、時には経営側と一体化してリストラを進めているようだから、労働者に見放されるのである。
 少しはフリーター全般労働組合を見習って、本当に役に立ついきとどいた活動をしてほしいものだ。

 いずれにせよ、この「いきのびるための労働法」手帳はかなりすぐれものなので少しでも広めたい。


《追記 2007/12/20》

 朝日新聞が紹介して以来、「生きのびるための労働法」手帳が広がっているようで、うれしい限り。
 ちなみに一時期、検索サイトで「生きのびるための労働法」で検索すると、なぜかフリーター全般労働組合のサイトよりも当ブログが上位に表示され、非常に恐縮していた(今は正常になったようだ)。せっかくなので、同労組のホームページかブログからダウンロードしてください。下記の関連リンクからいけます。

【関連記事】
相変わらず多い残業代不払い
「反貧困たすけあいネットワーク」

【関連リンク】
フリーター全般労働組合
PDF版-Spiders'Nest::フリーター全般労働組合
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-12-05 23:09

労働契約法に関するリンク

*2007/10/23に投稿し、2007/11/14に再投稿、その後何度か編集した記事ですが、残念ながら労働契約法が成立したので、それに合わせて加除訂正をしました。再掲します。

第166回 閣第80号 労働契約法案
政府が衆議院に提出した時点の労働契約法案全文。

閣法 第166回 80 労働契約法案に対する修正案
労働契約法案の修正部分。

労働契約法案に対する修正案要綱/労働契約法案に対する修正案*PDF
修正案の内容及び政府当初案との比較。

第166回国会 厚生労働委員会 第24号 平成19年5月25日(金曜日)
第166回国会 厚生労働委員会 第27号 平成19年6月1日(金曜日)
第166回国会 厚生労働委員会 第28号 平成19年6月6日(水曜日)
第166回国会 厚生労働委員会 第29号 平成19年6月8日(金曜日)
第166回国会 厚生労働委員会 第30号 平成19年6月13日(水曜日)
第166回国会 厚生労働委員会 第32号 平成19年6月20日(水曜日)
第168回国会 厚生労働委員会 第3号 平成19年10月31日(水曜日)
第168回国会 厚生労働委員会 第4号 平成19年11月2日(金曜日)
第168回国会 厚生労働委員会 第5号 平成19年11月7日(水曜日)
衆議院厚生労働委員会の会議録より。労働契約法案の審議。第166回国会では年金記録問題の陰に隠れて十分な審議が行われず、第167回国会では実質審議が行われず、第168回国会では政府・与党と民主党の妥協により修正案が可決された。

参議院会議録情報 第168回国会 厚生労働委員会 第5号 平成十九年十一月十五日(木曜日)
参議院会議録情報 第168回国会 厚生労働委員会 第6号 平成十九年十一月二十日(火曜日)
参議院会議録情報 第168回国会 厚生労働委員会 第7号 平成十九年十一月二十二日(木曜日)
参議院会議録情報 第168回国会 厚生労働委員会 第8号 平成十九年十一月二十七日(火曜日)
参議院厚生労働委員会の会議録より。参考人質疑が行われ、衆議院よりは突っ込んだ審議が行われたが、結局可決された。

労働契約法~図解-労務安全情報センター
政府当初案の図解。

労働契約法に関する意見書-より望ましい労働契約法の実現に向けて--日本弁護士連合会*PDF
労働契約法案に盛り込まれた就業規則による労働条件変更をどうみるか-自由法曹団*PDF
労働契約法案及び労働基準法改正法案に対する見解-日本労働弁護団
労働契約法および最低賃金法「改正」法の成立に抗議する-自由法曹団*PDF
労働契約法に対する弁護士団体の見解。

労働契約法案の可決・成立についての談話(事務局長談話)-連合
【事務局長談話】労働契約法制の可決・成立にあたって-全労連
労働契約法-レイバーネット
働く女性の全国センター
労働運動、市民運動の見解・運動。
特に「働く女性の全国センター(ACW2)」は、最も積極的に労働契約法問題に取り組んでおり注目。

特集「労働契約法制」-独立行政法人 労働政策研究・研修機構
労働契約法制に関する資料とリンク。

社会法の広場
労働契約法について鋭い詳細な分析。多文化・多民族・多国籍社会で「人として」の御教示による。

労働契約法の解説・条文
行政書士のサイト。

雇用ルールと労働契約法
社会保険労務士のブログ。

清水ブログ:労働契約法案審議に見る民主党の裏切り
弁護士の清水建夫さんのブログより。

【関連記事】
最低賃金法改正案・労働契約法案における民主党の妥協
最低賃金法改正案・労働契約法案成立へ~民主党に贈る書
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-12-05 19:22

大阪府民へ、こんな下劣な男を知事にしてはならない

 *2007/12/11 改題、編集しました。

 タレントで弁護士の橋下徹氏が、大阪府知事選挙に立候補するという。自民・公明両党が推薦するという。

 以下、すべて橋下徹氏のブログ橋下徹のLawyer's EYEより。

「世の中法律だけじゃないんだよ!!」
「弁護士はそんなに偉いのか!!」
「お前ら勝手に来年まででも期日の調整をしてろよ!!」
「この集会はカルト集団の自慰(オナニー)集会だね。」
「そして、やっぱりと思ったけど、いましたよ、チンカス弁護士が。」
「コメンテーターの仕事や、番組に出演する仕事は、この裁判よりも重要でないっていうのか!!」
「日弁連の模擬裁判のリハーサルなんて、くだらない鼻くそイベント」
「弁護士自治も全く都合がいいもんだぜ。そんな団体なら強制加入団体なんかにすんなよ!!」
「ありがたい情報を頂いたんだから,弁護士会が手前らでコピーしろよ!!」
「分かってんのか!この似非人権団体の横浜弁護士会よ!」

 弁護士どころか、社会人とは思えない罵詈雑言の数々である。
 こんな品性下劣にして傍若無人な「不良弁護士」を本当に知事にしていいのか!?
 大阪府民へ。「橋下徹」の名を投票用紙に書くすべての人を私は深く軽蔑し、絶対に許しません。良心があったら、間違っても彼に投票してはいけません。

【関連記事】
橋下発言はツッコミどころ満載
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-12-05 12:20