「任命責任」を語るならすぐ総辞職せよ

遠藤武彦農水大臣が辞任した。
彼が組合長の農業共済組合が国からの補助金を不正受給していたからだが、
そのカラクリはあまりにも杜撰極まりなく、
こんな男をよりにもよって農業を管轄する農水大臣に起用した、安倍首相の見識を疑う。

不正受給のカラクリと放置された原因については、以下を参照。
農業共済組合の不正受給は、こうして見逃された(オーマイニュース)

アベは「任命責任は私にすべてある」と言ったそうだが、それならば、すみやかに内閣総辞職するべきだ
口先だけで「責任がある」と言いながら、その座に居座るのは、欺瞞でしかない。
こんなバカボンでもまだ、支持する輩がいるのが、非常に不快だ。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-09-03 18:20


<< 大衆の「狂気」 「空気を読む」ということ >>