タグ:アメリカ ( 22 ) タグの人気記事

「国民」より「アメリカ」

主権者の審判にも、どこ吹く風で、政権に居座るアベ首相が、なんと海自によるインド洋での米軍等への給油支援を継続できなければ、退陣するという。

「国民の意思」は無視するが、「アメリカとの約束」は職を賭す。この国の「主人」が誰なのか、如実にわかる発言だ。

言質は取った。野党は今国会でテロ特措法の延長に絶対反対し、給油活動を可能にするあらゆる立法を葬ることだ。
もうこの「祖父コンプレックス」のバカボンの顔など見たくもない。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-09-09 21:32

同性愛はいけないのか?

同性愛に反対していたアメリカの上院議員が、よりにもよって同性に対する猥褻行為を問われ、辞職に追い込まれた。
このニュースに対する私の感想は、「同性愛はいけないのか?」である。
アメリカでは、キリスト教保守派を中心に同性愛を認めない人々が依然多いが、それは余計なお世話というものだろう。人類の歴史上、古くからあったものだし、正直他人に迷惑を及ぼさない限り、別にどうでもよいではないか。

むしろ問題なのは、この議員が今まで自分を偽り、同性愛を批判していたことである。これは、内では愛人を囲いながら、外では「家族」やら「貞操」やらを説くのと同じことである。支持者に迎合して、ウソをつき続けたことの責任は問われるべきだ。何も無理にカンミングアウトせよと言うのではない。せめて同性愛に対し、肯定も否定もしない態度をとっていれば良かったのである。

ところで、問題の発覚は「おとり捜査」であった。つまり「罠にはめられた」のである。ことが議員だけに、なんとなく陰謀くささを感じるのは私だけだろうか。
日本でも政府に批判的な学者や、「改憲派」の主張を否定した内容の番組を制作したテレビディレクターや、アメリカと距離をとる官僚らが、「痴漢」容疑で逮捕された。これらも何となく「くさい」と思うのだが、真相はいかに!?
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-09-02 12:55