2008年 10月 14日 ( 1 )

「テロとの戦い」の帰結としての海上自衛隊集団暴行事件

 またまた自衛隊の不祥事の表面化である。9月9日に海上自衛隊の第一術科学校(広島県江田島)の特別警備隊養成課程で1対15の徒手格闘が行われ、25歳の三等海曹が後頭部の強打により意識不明となり、同月25日に死亡したという。

 「教官2人の立ち会いのもとで、午後4時ごろから防具とグローブを着けて他の隊員15人を相手に1人につき50秒ずつ、パンチやけりで格闘」(朝日新聞2008/10/14 10:13)、「レスリングマットを隊員らが囲み、男性が倒れ込むと、引き起こして続けた」(読売新聞2008/10/14 13:40)というから尋常ではない。どうみてもこれは「集団リンチ」である。すでに一部で指摘されているように相撲部屋の「かわいがり」と大差ない。「教官2人の立ち会いのもとで」というのは重要で、辞めようとする「脱落者」に対する組織的な制裁とみて間違いないだろう。

 海自の特別警備隊は1999年の「不審船」事件を契機に創設された対テロ戦のための特殊部隊で、隊員は海自全部隊から公募して選抜される。発足当初よりイギリスやアメリカの特殊部隊の指導を受け、白兵戦を想定した実戦訓練を重ねており、自衛隊の中でも最も過酷な部隊の1つである。死亡した三曹は特警隊入りを目指して養成課程に入ったものの、おそらく厳しい訓練に半年ももたず、途中で辞めることを決意したのだろう。

 「今年7月にも、特別警備隊の養成課程をやめる直前だった隊員が16人と徒手格闘訓練をし、歯が折れるなどのけがをしたという」(朝日、同前)から、中途脱落者に対する制裁が常態化していることが窺える。中途で辞める者はいわば「ケジメ」として他の隊員からの制裁を受けるのが、この課程の暗黙の「掟」となっているのだろう。これはもはや「ヤクザ」の論理である。ちなみに7月の事件では16対1、9月の事件では15対1、いずれも養成課程の全隊員(同課程の募集は年1回だというから中途補充はないと思われる)が参加しており、死亡した隊員も7月の事件の時は「加害者」だったと推定できる。

 以前、当ブログで自衛隊員の自殺増加の件に言及した時、自衛隊が従来の「専守防衛」の組織から、日米一体化の下での海外派兵を前提とする「外征」型の軍隊に変貌しつつあることが、隊員の心身の疲弊に影響していると指摘したが、今回は対テロ特殊部隊という最精鋭の部隊のための育成機関で起きた事件であり、「テロとの戦い」のための過酷な訓練が自衛隊員の人間性を奪っている象徴的事例とさえ言えるだろう。実戦を前提とした軍隊は普通の人間をも殺人マシーンに変えてしまう。躊躇なく人間を殺せるような訓練を受けている以上、集団リンチにも疑問を持たなくなってしまう。そんな殺伐とした環境にいれば誰もが「逸脱」行動を起こしうる。

 今回の問題について、自衛隊の人権問題を追っているジャーナリスト三宅勝久氏が次のように指摘している。

 隊員はモノ以下の自衛隊 海自集団暴行事件に思う - 『自衛隊員が死んでいく』暫定ブログ
 http://blogs.yahoo.co.jp/jieijieitaitai/17787192.html
「眼窩底骨折、鼓膜裂傷、顔面裂傷・・・暴行で懲戒処分を受けた自衛隊員は、昨年1年間で80人を超える。その処分はせいぜい停職一ヶ月どまり。数日から戒告というものも多くある。特に階級が上のものが下級の隊員に対してふるった暴力は「指導」の一環だとして、軽くなる傾向がある」

「隊内で起きていることは、やがて隊外でも起きる。昨年度暴力で懲戒処分を受けた80人以上のうち、30人近くは一般市民を巻き添えにした事件を起こしている」(太字強調は引用者による)

 自衛隊員の「逸脱」は単に組織内だけの問題ではなく、市民社会にも影響しているにもかかわらず、十分な処分が行われていないのである。この種の問題はたいてい表に出るのは氷山の一角だから、実際は全く処分されず闇に消えた事件も多数あるだろう。浜田靖一防衛大臣は「(今回の訓練は)特殊、特別なのかという気がしないでもない」(共同通信2008/10/14 10:37)などと呑気な発言をし、海自もいまだ「事故」として処理しようとしているが、そこには日米安保体制強化に伴う組織的疲弊の現実や自衛隊員の人権擁護に対する危機感はなく、ましてや自衛隊員の暴力が市民生活の脅威になっているという意識など微塵もない。

 この問題をうやむやにしてはならない。自衛隊の暴力体質を白日の下に暴き、人権状況を徹底的に改善する必要がある。インド洋で「米国の、米国(の油)による、米国のための洋上給油」(水島朝穂氏)などしている場合ではない。

【関連記事】
自衛隊、こわれてる?

【関連リンク】
YouTube - 海自の特別警備隊 訓練初公開
http://jp.youtube.com/watch?v=fM3s4tRBqLc
*昨年行われた特別警備隊の公開訓練の様子を伝えるテレビニュース。隊員の育成には相当過酷な訓練を要するのが読み取れる。

防衛省・自衛隊:平成18年度における懲戒処分の状況について
http://www.mod.go.jp/j/news/2007/09/14e.html
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-10-14 18:15