「全国青年大集会2008」のまとめ

 今月5日に東京・新宿の明治公園で行われた「全国青年大集会2008」(全労連主催)については、すでに「大脇道場」さんや「村野瀬玲奈の秘書課広報室」さんらが秀逸なエントリを上げておられるので遅きに失した感はあるが、同集会では雇用待遇差別問題を考える上で重要な発言がいくつも為されているので、弊ブログでも報道と記録に関するリンクを整理する。

《報道と写真・動画》

 全国青年大集会 不安定雇用の現状を若者がアピール – JanJanニュース
 http://www.news.janjan.jp/living/0810/0810068839/1.php

 希望集め 青年4600人/人間らしい労働ルール 団結の力で/東京・明治公園 – しんぶん赤旗
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-06/2008100601_01_0.html

 写真速報:全国青年大集会に4600人~「反貧困労働運動」にはずみ - レイバーネット
 http://www.labornetjp.org/news/2008/1005shasin/

 YouTube – 10/5 10・5全国青年大集会2008
 http://jp.youtube.com/watch?v=00yiezXbbAE

 YouTube – 10/5 10・5青年大集会 志位委員長があいさつ
 http://jp.youtube.com/watch?v=n5GW_aat8uk&feature=user

 松下プラズマ偽装請負訴訟の報告中の「労働者派遣は人身売買と同等とみなされ、禁止されている労働者供給事業の例外としてのみ認められている雇用形態」という指摘、現役の日雇派遣労働者の「私達はモノではない。不当な扱いを望んでいない。まだ、大丈夫という言葉は、自分をがんばらせるために言っている。今のままでは希望がもてないという悩みは、正規、非正規、学生でも同じ」という切実な訴えなどは非常に重い。

 「貧困は自己責任ではない」が、憲法や労働基準法や生活保護法を守らせる責任、社会保障を充実させ、労働の崩壊に歯止めをかける責任を我々は負っているという、自立生活サポートセンター事務局長の湯浅誠氏の発言も深く考えさせられた。共産党委員長の志位和夫氏の「どんな形であれ、『首切り自由の使い捨て労働』はなくせ。正社員にしろ」という言葉には、正社員の労働条件引き下げによる偽りの雇用待遇差別是正論が幅を利かすなかで、非常に勇気づけられた。


《集会のアピールと決議》

 青年大集会アピール – まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!
 http://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai/25949409.html
◆政府と大企業は、派遣、請負など不安定な雇用を増やし続けることをやめ、安定した雇用を抜本的に増やしてください。
◆「サービス残業」「偽装請負」「名ばかり管理職」など企業の違法行為をただし、働く若者の命とくらし、安全を守るために、実効力のある措置をとってください。違法を告発した若者が仕事を失うことがないようにしてください。
◆若者が技術や能力を十分に発揮し、よりよい仕事ができるよう、長時間・過密労働をなくしてください。医療・介護・福祉・教育・保育など、生活に必要な雇用を増やしてください。
◆だれでもどこでも、最低賃金を時給1,000円以上にしてください。
◆「ワーキングプア」「ネットカフェ難民」など、若者の貧困を解決するために、「使い捨て」労働をなくし、生活保障つきの職業訓練を拡充するなど、国と自治体が真剣にとりくんでください。
◆燃料・資材の高騰で苦しめられている中小業者を営む若者の生活を支えてください。
◆世界一高い学費を引きさげ、学費免除制度や奨学金を充実させてください。学業との両立と公正な採用のための就職活動のルールをつくってください。

 「全国青年大集会2008」 特別決議 – まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!
 http://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai/25949431.html
① 労働者派遣は、臨時的・一時的業務に限定するとともに、派遣元に常時雇用される常用型を基本とし、登録型は例外として厳しく制限すること。
② 日雇い派遣・スポット派遣はただちに禁止すること。
③ 派遣期間の上限を1年とし、1年の雇用期間を超えた場合や違法行為があった場合は、派遣先が直接雇用したものとみなすこと。
④ 派遣労働者への差別を禁止し、正社員との均等待遇を保障すること。
⑤ 派遣元のマージン率(派遣手数料)の開示を義務化し、上限を規制すること。

《集会で報告された「日雇派遣」実態調査》

 全国青年大集会実行委員会「日雇い派遣調査の特徴とまとめ」*PDF
 http://www.seinen-u.org/081003%20hiyatoi-matome%201.pdf
 同前「『日雇い派遣』実態調査の集計結果」*PDF
 http://www.seinen-u.org/081003%20hiyatoi-matome%202.pdf

 日雇労働者のナマの声。人間扱いされていない実態と、一方で諦念と自己責任の内面化が深刻であることが読み取れる。


 集会自体は共産党-全労連-民青というラインの恒例の行事なので、党派性がどうのとか、「連帯の可能性」を過大評価しているといった批判もありうるだろう。ただどのような立場にあるにせよ、「人間らしい働き方」の確立を目指す上で、今回の集会はいろいろ示唆するものがあると思う。

【関連リンク】
全国青年大集会に行ってきました|労働組合ってなにするところ?
http://ameblo.jp/sai-mido/entry-10147804054.html
*動画では窺い知ることのできない分野別交流会のお話は貴重。
大脇道場NO.630 「たたかう、かっこいい人」希望と連帯・・・全国青年集会に4600人。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-699.html
大脇道場NO.631 「朝日」が青年大集会をスルーした訳がわかった。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-700.html
大脇道場NO.632 現代「女工哀史」・・・日雇い派遣前田さんの訴え。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-701.html
大脇道場NO.634 「貧困は自己責任ではない。では私たちに責任はないのか?」
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-702.html
村野瀬玲奈の秘書課広報室|4600人が集まった全国青年大集会の重要さ
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-915.html
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-10-10 23:26


<< 「世界恐慌だから我慢しろ」論法に注意 進む自公民談合・協力体制~イン... >>