知らないかもしれないので念のため。

 今日は9月11日である。世界貿易センタービルなどに対する同時多発テロからもう7年になる。あの日、私もテレビをリアルタイムで観ていたが、航空機がビルに衝突する様子はあまりにも現実ばなれしていて、いささか不謹慎ながら、安っぽい特撮映画を観ているような気分に襲われたほどだった。

 当時NHKのワシントン特派員だった手嶋龍一氏の過剰に危機感を煽るような話しぶりも忘れ難い。録画していたわけではないので確かめることはできないが、相当「勇み足」があったような記憶がある。これが「戦時」の報道なのかと私は変に納得していたくらいだ。

 ところで、弊ブログのリンク状況を調べると、なぜか「9・11陰謀論」を強く主張するブログ類にリンクされていることがままある。なかには「9・11」だけでなく、「フリーメーソン陰謀論」とか「イルミナーティ陰謀論」の場合もある。それもなぜか好意的な形でリンクされたり、引用されていることが少なくない。弊ブログはリンクフリーなので、別に陰謀論者だろうと何だろうと別に構わないのだが、私がそういった類の陰謀論を全く支持していないことを知った上でリンクしているのか、いささか心許ない。

 「9・11陰謀論」に関するエントリは1度しか上げていないし、取り立てて深く言及してはいないが、ブログでは歴史認識や「江原啓之」の件などで、私が「陰謀論」的思考を唾棄していることは容易に読み取れるはずである。私にとって「9・11陰謀論」や「フリーメーソン陰謀論」は、「南京大虐殺まぼろし説」や「真珠湾攻撃謀略説」や「ゲーム脳」と同じで、科学的・学問的な実証に耐えられない「トンデモ」の範疇に含まれる代物でしかない。弊ブログのエントリを一部しか読んでいない場合、誤解している人がいるかもしれないので、そこははっきりさせておきたい。

 「事実」が「解釈」を制約しても、「解釈」が「事実」を歪めるようなことはあってはならない、というのが持論である。もちろん口で言うほど容易いことではなく、そういう私も出来ているとは言い難いが、少なくとも「9・11は自作自演だ」と言わなければ「テロとの戦い」の不当性を主張できないような知的劣化は反面教師にしたい。
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-09-11 18:17


<< 「天下り」元副知事の正論と「天... 「名ばかり管理職」に関する厚労... >>