福田内閣退陣~再び政権「投げ出し」の暴挙

 福田康夫首相が突如辞意を表明した。

 ちょうど約1年前、当時の安倍晋三首相が自ら召集した臨時国会の冒頭で突如退陣した時は、後から振り返れば彼の体調不良をはじめ、「伏線」があったのだが、今回の福田首相の退陣表明は特段前兆があったとは言えず、安倍の時と比べても唐突の感は拭えない。次の総選挙を自民党は福田で戦うことはないだろうということは確信していたが、こうも退陣が早いとは正直予想できなかった。

 「憲政の常道」という観点からすれば、今回の退陣は前内閣に続いてまたしても無責任な「途中放棄」である。確かにずいぶん前から政権はレームダックとなってはいたが、内閣不信任決議が成立したのでも、即時総辞職しなければならないほどの重大な事件があったわけでもない。単に政権が思うように動かないから(すでに報道されているように、退陣の「引き金」は公明党に経済政策や国会会期が左右されてしまっている現状への自信喪失だろう)という理由で、いわば「投げ出した」のである。わずか1カ月前の内閣改造はいったい何だったのか。

 本来は単に首をすげ替える退陣ではなく、即刻衆院を解散して自公政権そのものの是非について主権者の信を問うべきだが、福田内閣は最後まで解散を引き伸ばしてきた。2代続けて衆院の総選挙の洗礼を受けていない内閣が続いたことは、議会制をないがしろにした愚挙であり、もはや憲政史上の完全な汚点となっている。次の首相が誰になってもその内閣は選挙管理内閣でなければならないのだが、残念ながら次期内閣も前二者同様、解散を極限まで引き延ばすだろう。

 これまで福田内閣は、市場化・民営化路線をもっと積極的に推進して欲しい「自由」サイド、対アジア強硬外交路線を望む「保守」サイド、貧困・格差問題への処方を求める「平等」サイドの3方向から批判にさらされていたが、特に最も激しかったのは実は「保守」サイドからの攻撃だった。先月の敗戦の日の靖国神社でも極右団体が福田辞任のアジテーションを行っていた。福田失脚でこれら右翼系統は当面勢いづくだろう。国内の矛盾を対外危機の捏造と扇動で隠蔽するこうした輩の伸長が予想されるのも、不快の種である。

 言うまでもないが、首班が福田だろうと麻生だろう誰だろうとと、巨大企業の利益を何よりも最優先し、弱肉強食社会を推進する「自民党政治」に本質的な変化はない。一時的な人気取りに惑わされることなく、何が真に民衆の利益なのかを見抜く「確かな眼」をもつことが、今後ますます重要となるだろう。
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-09-01 23:04


<< 福田内閣退陣と今後の政局に関する私見 生活保護行政が「生活保護以下」... >>