「造反有理」

 東京で27歳の男が派遣会社「インテリジェンス」に「殺害予告」のメールを送ったとされる件。賢明な読者なら当ブログの過去ログから私の言いたいことは容易に推測できるだろうから、多くは語るまい。

 「『日雇い』禁止に反対しているようだがてめぇじゃ絶対働かないシステムだろ?一度そこまで行った人がどうやって立ち直って飯食っていくんだ?」(毎日新聞2008/08/19 13:24)までだったら喝采ものだったのに。あと派遣会社だけでなく、派遣先の企業にも言及していたら良かったのだが。

 いずれにせよ、本当に特定の標的を狙う気があったら「予告」などしないのもまた事実。

【関連記事】
「嫌がらせ」もまた一種の抵抗だ
労働者派遣法改正問題リンク集
日雇派遣禁止は当たり前。問題はそのあと。
日雇派遣禁止方針と秋葉原事件に因果関係はない
本当に暗殺したかったらネットに「予告」などしない
トヨタの取締役の平均報酬1億2200万円にもっと怒るべき
「反撃の書」としての2008年版「労働経済白書」
厚労省「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」報告書は不十分
規制で解決しないと言うなら、何だったら解決するんだ!
「日雇派遣」禁止議論に対するモリタクの警告
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-08-19 17:59


<< エキサイトブログがようやくYo... 若衆が村役人宅を封鎖して「休み... >>