「ほっ」と。キャンペーン

「追悼の場」と「自己顕示の場」

 昨日のエントリで、8月15日に靖国神社を参拝する人々の相当数が死者の追悼よりも、靖国を参拝するという行為を通して自分が「日本人」であるという帰属意識を確認することに意味を見出しているのではないか、ということを指摘したが、昨日の靖国神社の様子を映した動画を見てその思いをより強くした。

 YouTube - 平成20年8月15日 靖国神社
 http://jp.youtube.com/watch?v=JHZyrt0ph94
 まず「普通の」情景。0:30あたりで、「○○議員の○○先生」と延々と紹介しているのに失笑。靖国は選挙の票集めの道具なのが実態なのだ。途中でどう見ても「珍走団」にしか見えない人たちが・・・。最後の方で「パンダに国民の税金を使うなどもってのほかです」とかアジっていたのにも笑った。パンダなんかよりもっと重大なことがあるだろう。

 YouTube – 2008/8/15 靖国神社にて
 http://jp.youtube.com/watch?v=MGIdFGgIOlY
 YouTube – ドキュメント靖国神社01
 http://jp.youtube.com/watch?v=GsSCOtvyBoc
 まるで同窓会のノリで軍歌を熱唱するじいさんたち。上の動画では軍歌熱唱の輪の中になぜか若い女性が1人。

 YouTube - ドキュメント靖国神社02
 http://jp.youtube.com/watch?v=vFM0nEYQSXI&feature=related
 YouTube - ドキュメント靖国神社03
 http://jp.youtube.com/watch?v=3yn_LPFzDD0&feature=related
 YouTube - ドキュメント靖国神社04
 http://jp.youtube.com/watch?v=3msLcZvFRIM&feature=related
 軍装コスプレの皆さん。「軍隊ごっこ」にしか見えない。聴くに堪えない下手なラッパに涙目。こういう人たちに私はナルシズムしか感じないのだが・・・。

 YouTube - ドキュメント靖国神社05
 http://jp.youtube.com/watch?v=TqKIXQLToS8&feature=related
 「お約束」の機動隊と右翼街宣の対峙。街宣の諸兄は自分たちのやっていることが死者をかえって冒涜しているという自覚がないのだろうか。

 リアル中国へ帰れ中国へ!:WHAT’S NEW PUSSYCAT!?
 http://pussycat.blog.so-net.ne.jp/2008-08-15-23
 やはりあったトラブル。仲裁に入った人を中国人と決めつける。リアリティのない「他者の消えた楽園」を望む滑稽さ。

 戦争再生産装置としての靖国神社における戦没者追悼の在り方はますます歪みを見せている。追悼の場というよりも自己顕示の場とする人々。「軍隊ごっこ」を見ると、もともと日本の宗教の中では歴史の浅い靖国神社はある意味カルト化しているのでは?とさえ感じる。戦争への批判も反省もない好戦的ナショナリストに荒らされる場としての靖国。こんなものに公的性格を与えようとする気がしれない。

 ちなみに産経新聞(2008/08/15 21:07)によれば、靖国の参拝者は一昨年が25万8000人、昨年が16万5000人、今年が15万2000人と減少を続けているらしい。靖国神社はだんだん見放されつつある。

【関連記事】
「8月15日」
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-08-16 13:00


<< 教員採用の面接官に財界人を使うな 「8月15日」 >>