「失言」が許されてしまう人

 自民党幹事長の麻生太郎氏が、民主党の政権交代論や国会戦術を揶揄し、ナチスの政権獲得過程を引き合いに出した「失言」の件。

 福田改造内閣発足にあたって弊ブログでは「新自由主義『漸進』路線を明示した福田改造内閣」というエントリをあげたが、実はその時意識的に触れなかった問題があって、それが「麻生太郎」の件であった。
 自民党が現在持っている「手駒」の中で相対的に最も「人気」が高い麻生氏を党幹事長に起用することで、「次の首相」は麻生氏という「期待感」を大衆に付与し、次期総選挙を何とか有利にしようとするねらいは明白だが(総選挙に「麻生総裁」で臨む可能性もある)、その流れに従えば麻生氏を「話題にする」こと自体が自民党の目論み通りになるので、基本的に天邪鬼な私はあえてスルーしたのである。しかし、早くも嫌でも話題にせざるをえない問題を起こしてくれた。自己嫌悪を抱きながら本稿を書いている。

 麻生氏はかつての田中眞紀子氏や小泉純一郎氏や橋下徹氏のような真の意味でのポピュリストではないので、黙っていれば平凡な世襲の保守政治家の1人にすぎないが、「漫画好き」とか「べらんめえ調」といったキャラクターを本人や周囲が仕立てていくことで「人気者」という虚像が形成されていく構図になっている。
 「失言癖」もそんな彼を「その他大勢」から引き立てる役割を果たしており、その失言の矛先が「世間の空気」に向かわない限り、麻生氏の「国民目線」のキャラクターはますます強化され、知名度も上がる。彼の「失言癖」は対外的には命取りになりかねないが、国内向けとしては決して不利になることはないのだ。

 しかも古来大衆扇動の要諦は、体制に順応した人々が不安や不満の責任を転嫁したがっている「醜悪で悪意に満ちた敵」を徹底的に攻撃することにある(皮肉にもそれに最も「成功」した例がナチスのアドルフ・ヒトラー)。小泉氏は大衆の公務員への嫉妬感情に乗じて「郵便局」を、橋下氏は大衆の少年犯罪への復讐感情に乗じて「光市事件弁護団」を「敵」に仕立てることで、「敵と闘うヒーロー」になりえた。麻生氏の場合、朝鮮半島の植民地支配に対する歴史修正主義発言が韓国・朝鮮人への差別意識を潜在させている人々に認知され、かえって知名度を上げた過去がある。麻生信奉者が「失言」に乗じて「民主党=ナチス」というネガティヴキャンペーンを仕掛けることさえ不可能ではない。

 残念ながらこの国のマジョリティーは、小泉氏や橋下氏やあるいは石原慎太郎氏といった攻撃的指導者の「失言」を「失言」とはとらえず、大衆と「同じ目線」の「本音」と捉える。麻生氏が「何を言っても、何をやっても許される」彼らの列に加われることができるかどうかはまだ何とも言えないが、麻生氏は今後もこうした「失言」を繰り返すことで、「左」を忌避する人々に喝采を浴び(実際の民主党は「左」ではなく「リベラル」という規定すら怪しいのだが)、その「空気」が大衆社会のメインストリームになる可能性さえあるだろう。

 当ブログではこれまで民主党に厳しいことを言ってきたし、これからもその見方は変わらないが、それ以上に私はポピュリズムが嫌いなので、麻生氏をめぐる現状ははっきり言って面白くはない。
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-08-05 20:04


<< 原爆忌にあたって 規制で解決しないと言うなら、何... >>