同調圧力、「他者」の好奇のまなざし、そして「『自殺的』他殺」

 捜査中の事件報道というのはほぼ警察発表がソースで、特に留置・拘置中の容疑者の「供述」の取り扱いは注意を要するので安易に取り上げたくはないのだが、先月埼玉県で女子中学生が父親を殺害した事件で伝えられる話がどうしても気になったので、あえて取り上げる。

 当初、この中学生は父親が母親と弟を殺す夢を見たので殺そうと思ったと「供述」したと伝えられていたのだが、昨日になってそれは作為で、実は父親だけでなく、母親と弟も殺害した上で自殺するつもりだったと「供述」を変化させているという。
 「すべてがいやになった。特に人間関係に疲れ、家族(全員)を殺して自分も死のうと思った」(読売新聞2008/08/03 03:12)、「人に気を使って生きるのに疲れた」(朝日新聞2008/08/03 03:01)と述べ、さらに動機を作為した理由について「自殺すると残った家族が周囲から冷たい目で見られるので、みんな死ぬほうがいいと思った」(毎日新聞2008/08/03朝刊)と語っているという。
 要するに「娘による父殺し」という精神分析家好みの家庭内殺人ではなく、子どもによる一家心中未遂だった可能性が出てきたのである。

 私が思ったのは、15歳で「人に気を使って生きる」ことを悩まねばならない社会とはいったいなんなんだろう?ということである。自分の過去を振り返っても、そんな年頃に果たして他人に気を使っていたかと問われれば、否と答えるほかない。「子ども社会」ならではの人間関係の悩みは当然あったが、彼女の言葉には単なる「悩み」を超えた、人間関係のちょっとした失敗が自己の尊厳を完全に失ってしまうような「恐怖」が読み取れる。どこかで子どもが「教室は地雷原」と喩えていたのを読んだ記憶があるが、「子ども社会」における対人コミュニケーション能力の絶対化を伴った同調圧力はそれほどひどい状態にあるのだろう。

 大澤真幸氏は『不可能性の時代』(岩波書店、2008年)の中で、携帯メール時代には「家族のような親密な関係を食い破って、外部の〈他者〉と直接性の高い関係を結ぼうとする欲望」が生じると指摘しているが、その傾向は若い世代ほど顕著だろう。一方で彼女のようにそのような「直接性の高い関係」に疲れた者はどうすればよいのか。「自分と自分の愛する者が消えてゲームオーバー」以外の行き先を大人たちは提示しているとは言い難い。

 何より「子ども社会」は「大人社会」を反映している。それは彼女が当初虚偽の「供述」をした理由にも現れている。「残った家族が周囲から冷たい目で見られる」ということへの恐れは、まさに日本社会にける「異物」を排除しようとする同調圧力と「異物」への好奇の視線を下敷きにしている。彼女は同調圧力に苦しんで死を決意し、「他者」の好奇のまなざしを恐れて家族を殺そうとしたが、父親のみの殺害に終わり(つまり「失敗」し)、さらになお残された家族が社会から傷つけられるのを恐れて動機を糊塗する。そのナイーヴさはあまりにも痛々しい。

 彼女の思考は決して肥大した被害妄想とは言えない。実際、「被害者」や「加害者」や「自殺者」や、あるいは「障害者」や「外国人」といった「われわれ」とは違う、もっとひどい言い方をすれば「普通」ではない、「異種」の「属性」を付与された者に対する、この国の大衆の扱いは非常に冷たく厳しい。「異種」の烙印を押される者にとって、まさに「他者」は「自己」をひどく傷つけるものとして立ちはだかる場合があり得るのである。

 以前、自殺者の増加の件で、「『空気を読め』とか『日本人の誇りを持て』というような帰属意識を強要する社会風潮、あるいは『死んでお詫びする』とか『名誉の戦死』のような『死』そのものを特権化・美化する文化も、追い詰められた時に行き場を失わせ、自殺でしか自己の存在理由を守れないと考えさせる要因になっている」と述べたが、これは自殺のみならず、今回のような「『自殺的』他殺」とでも言うべき状況にも適応しうるだろう。他方で、帰属意識とか同調圧力とか「死」の特権化といったレベルを超えた「何か」がさらに隠されているような気もしている。

 この社会は病んでいる。しかし、その確実な処方箋は未だ見つかっていない。

【関連記事】
「無間地獄」と「死」の二者択一から逃れるために
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-08-03 23:15


<< 規制で解決しないと言うなら、何... 「インターネット報道協会」結成... >>