「無間地獄」と「死」の二者択一から逃れるために

 昨年の全国の自殺者数がまたしても3万人を超えるという。以下、共同通信(2008/05/27 17:31)より。
 全国で昨年1年間に自殺した人の数は3万人を超える見通しであることが27日、分かった。各都道府県警が調べた概数を共同通信が集計した。毎年6月ごろにまとまる警察庁の自殺者数統計は1998年以来3万人を上回っており、これで10年連続となることが確実になった。
 集計によると、昨年の自殺者数は約3万2000人。東京(約3000人)、大阪(約2000人)など、詳細な数字を明らかにしない都府県があるが、3万人を超えるのは確実とみられる。(後略)
 10年連続で毎年3万人以上という数字は尋常ではないと言わざるを得ない。これでは毎年戦争をやっているのと変わらない。実際は自殺の可能性があってももろもろの事情で「事故死」とされることもあるので、実数はもっと多いだろうと考えると暗澹たる気分に襲われる。

 先日、内閣府自殺対策推進室が発表した「自殺対策に関する意識調査」によれば、「自殺したいと思ったことがある」人々の割合は全体で19.1%と2割近い高率である。特に20代では24.6%、30代では27.8%とおおよそ4人に1人が自殺を考えたことがあるという。
 また、共同通信(2008/05/23 19:56)などによれば、労災認定された過労自殺の数は2年連続で過去最悪の状態が続いている。認定者の年代別比率では30代が37%、20代が25%と高く、ここでも20代、30代の自殺が多いことが窺える。
 もともと日本は自殺が多い国だが、特に1990年代後半以降、比較的若い世代の自殺が増加を続けているのは、明らかに競争原理の強化、成果主義の導入、雇用待遇差別など労働条件の悪化が影響している。労働者を「モノ」として扱う経済体制が多くの若者を自殺に追い込んでいるのは間違いない。特に過労自殺は企業による「殺人」であることは当ブログでも何度か指摘した。新自由主義が人間を殺しているとも言える。

 とはいえ現代の自殺増加の構造的原因が新自由主義による労働環境の悪化であるのは確かだとしても、本来は労働環境の悪さが必ず自殺に直結するわけではない。実際WHOの統計を見ると、福祉国家のスウェーデンやデンマークより新自由主義のアメリカやイギリスの方が自殺率はやや低い。旧ソ連・東欧諸国の自殺率が高いのは、社会主義の放棄による経済格差の拡大と社会保障の崩壊が影響していると推定できるが、あとは地域的偏差と経済構造との関係が見えない。
 要するに、同じような苦しい状況に追い込まれても「もう自殺しかない」と考える傾向が強い社会と、そうではない社会が存在し、それはおそらくそれぞれの社会の歴史的・文化的背景の相違があるのではないか。両者を隔てる根本的な相違が何かはわからないし、おそらくいくつもの要因が重なっているのだろうが、私見では自殺以外の道=「逃げ場」があるかどうかが鍵だと思っている。

 客観的な根拠はないが、日本を含む自殺率の高い国では、精神的ないしは経済的に追い込まれた時、「無間地獄」か「死」かの二者択一しかないように考えさせる思考様式があり、また実際にそうした思考様式を促進する社会構造があるのではないか。これがたとえば「逃避」や「亡命」という道があればおのずと様相は異なるような気がする。
 下川裕治『日本を降りる若者たち』(講談社、2007年)が、同調圧力が強くマッチョ化する日本社会に嫌気がさし、日本を「降り」て東南アジアに生活拠点を移した若者たちの姿を伝えているが、このよう「逃げ道」がもっと開かれることが自殺の抑制になるのではないか。

 「空気を読め」とか「日本人の誇りを持て」というような帰属意識を強要する社会風潮、あるいは「死んでお詫びする」とか「名誉の戦死」のような「死」そのものを特権化・美化する文化も、追い詰められた時に行き場を失わせ、自殺でしか自己の存在理由を守れないと考えさせる要因になっていると思う。この問題は一挙に解決できるような特効薬がなく、一筋縄ではいかない。
 とりあえず私から言えるのは「死ぬ前に、逃げようぜ」ということ。かつて某有名アニメで主人公が「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」と強迫的に自分を追い込んでいたが、実社会ではそれでは身がもたない。多くの人々が「逃げてもいいよ」と言える社会の方がずっと風通しが良いと思うのだが。

【関連リンク】
自殺対策に関する意識調査
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/survey/report/index.html
図録▽自殺率の国際比較 - 社会実情データ図録
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-05-27 21:03


<< 日本政府はクラスター爆弾全面禁... A級戦犯を分祀しても「靖国問題... >>