「無駄遣いがある限り増税はだめ」では消費税増税論に対抗できない

 政府の社会保障国民会議が基礎年金と消費税の応益に関する試算を発表したことにより、にわかに消費税増税反対論が活性化しているようだが、相変わらず右を見ても左を見ても「官僚や政治家が無駄遣いをしているのに増税は言語道断」という類の声ばかりで、正直なところ同じ消費税増税反対派としては失望している。

 現在の増税議論の直接の引き金は、来年度から基礎年金の国庫負担率が3分の1から2分の1に引き上げられることであり、少なくとも4兆円ほどの財源がすぐにでも必要である。議員の数を減らせ、公務員の給与を減らせと騒いでいる人々は、議員や公務員を叩けば数兆円レベルのカネが出てくると本気で信じているのだろうか。
 貧乏な野党議員が活動するにはある程度の歳費は確保されなければならない。公務員の給与削減はすぐに民間の賃下げを誘発する上に、人件費削減は行政サービスの低下と公務員の非正規化を招く。「天下り法人」の問題は「天下り」であって、「法人」そのものは多くが国営でやるべき仕事であることは何度も当ブログで指摘した。毎年歳出削減を続けるとどうなるか、すでに私たちは小泉以来の社会保障費抑制政策で学習したのではなかったか。
 私も宇宙基本法のエントリで宇宙開発を「無駄遣い」と断じたし、軍事費のような「本当の無駄遣い」を削減する必要性は再三指摘したが、現在世情に流布している「官僚や政治家の無駄遣い」論は単なる思い込みと嫉みで、しかもそんなものを正したところで年金の財源には到底足りない。

 ふだん小泉純一郎や橋下徹の歳出削減政策に熱狂している連中が「官僚や政治家の無駄遣い」を叫ぶのはある意味で筋が通っているが、郵政など公営事業の民営化に反対し、少数政党の議席を確保するために議員定数の削減に反対し、公務員を含む労働者の生存権を重視しているような人々までが「無駄遣いがある限り増税はだめ」と言うのは矛盾である。
 だいたい「無駄遣いがある限り消費税の増税はだめ」ということは、「無駄遣いがなければ消費税の増税も仕方ない」という意味である。私に言わせれば、「無駄遣い」があろうとなかろうと、再分配効果のないまま消費税を増税することなど到底容認できない。消費税に「無駄遣い」を対置している限り、それは「構造改革」論者の主張と何ら変わりはない。歳出削減を否定し福祉国家を目指すなら、消費税増税に対置すべきはちまちました「無駄遣い」の削減などではなく、大胆な直接税(所得税・法人税・相続税)の増税である。

 最大18%の消費税増税を示した社会保障国民会議の試算を「インチキ」と非難する向きもあるが(主に基礎年金全額税方式論者から)、試算そのものは間違っていない。間違っているのは増税対象を消費税だけに限定していることで、「増税が必要である」という結論は正しい。
 現在、基礎年金の給付総額は約19兆円だが、急速な高齢化の進行により、今後給付総額は毎年増加していく。この数年、毎年のように社会的弱者対象の社会保障給付を狙い撃ちにして削減したり、後期高齢者医療制度のような無茶な制度を導入したりして、その都度財源を捻出してきたが、そんな方法が著しく不正義であることは言うまでもない。政府・与党内からも歳出削減はもう限界であるという声が出ているのは当然で、もはや「歳出削減か、増税か」という二者択一から「庶民増税か、金持ち増税か」という二者択一に移行すべきである。

 社会保障国民会議の議論は財務省や厚生労働省の誘導で保険料制度の維持を目指しているのは明らかだが(だから今回の試算に与野党の保険料廃止派が激高した)、すでに国民年金保険料の未納・滞納率が実質4割に達し、ワーキングプアの多くが年金制度からはじかれている現状を考えれば、現行の超逆進的な保険料制度をそのままにはできない。
 経団連あたりが目論んでいる基礎年金を全額消費税で賄う案は、単に企業の保険料負担を廃止するだけのとんでもない代物で、とても容認できないが、少なくとも国民年金保険料の定額制の廃止やさらなる国庫負担率の引き上げは検討しなければならない。また保険料制度を廃止し、全額税方式に移行する場合、企業負担分廃止の代償は当然企業への増税でなければ不合理である。

 繰り返しになるが「消費税増税か歳出削減か」という枠組みから脱すること、はっきりと直接税の増税を主張することが消費税増税反対派に求められる。もう消費税増税反対論を「構造改革」に利用されるのはごめんである。
 なお当面必要な4兆円は、たとえば法人税率を現行の30%から1990年度までの37.5%に引き戻せば確保できる(しんぶん赤旗2008/05/21)。ただ「無駄遣いを減らせ」ではなく、はっきりと「法人税を7.5%引き上げろ」という方がずっと説得力がある。そこを見誤ってはならない。

【関連記事】
消費税増税問題リンク集
消費税増税の不当性
私の財政論に誤解があるようなので改めて説明

【関連リンク】
社会保障国民会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/syakaihosyoukokuminkaigi/index.html
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-05-23 21:45


<< 夕張市が自衛隊の市街戦演習地を誘致 マクドナルドの新報酬制度は手の... >>