「反貧困フェスタ2008」のweb記事のまとめ

 3月29日に東京で開催された「反貧困フェスタ2008」に関するリンクをまとめる。

 地方在住の私は行けなかったが、今年のフェスタはもしかすると後世日本の労働運動史の転換点として記録されるかもしれない。
 貧困の最大の原因である非正規雇用の拡大を長らく黙認し、正規労働者と非正規労働者の分断に図らずも与した連合が参加したことは大きな意味をもつ。連合は昨年秋に非正規労働センターを設立し、ようやく雇用形態の差別問題に本腰を上げる姿勢を見せるようになった。もう1つのナショナル・センターである共産党系の全労連も参加した。全労連も遅ればせながら今年に入ってから非正規雇用労働者全国センターの設立準備を始めている。
 反貧困運動をリードする各種のユニオンやNPOは熱意と行動力はあるが、いかんせん財政基盤やブレーンが弱く、人員が少ない。既成の労働運動の協力は必要不可欠である。職種や雇用形態や勤務企業の規模などの壁を超えて労働者が連帯するための結節点は「反貧困」をおいてほかにない。不公平な税制や社会保障、競争原理や成果主義による心身の疲弊などは、いずれも貧困の前提であり、これらは正規・非正規の枠を超えた問題である。貧困の存在が社会を蝕み、現在貧困でない人にも影響することを訴えていく必要がある。

 写真速報:反貧困フェスタに1600人集まる-レイバーネット
 ブルーシートをつくっていこう@反貧困フェスタ「貧困と労働」シンポジウム-UnionTube
 「貧困」の実態をきちんと伝えよう!-OhmyNews
 反貧困でつながろう:反貧困フェスタに1600人!
 *同ブログには報道記事のまとめもある。
 反貧困フェスタに1600人!反貧困たすけあいネットワーク
 自由と生存の花見-Spider's Nest::フリーター全般労働組合
 「反貧困フェスタ2008」開催~連合非正規労働センターも参加~-フェアワーク つながるネット
 非正規雇用労働者全国センター CWAC-net:”貧困フェスタ”に1600人、非正規センターで労働相談コーナー
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-04-02 20:16


<< チベット問題に関する志位書簡について 在日米軍駐留経費負担特別協定の... >>