「ほっ」と。キャンペーン

「建国記念の日」について

 今日2月11日は「建国記念の日」である。
 なぜこの日が祝日なのか、どういう起源をもっているのか、どういう過程で祝日になったのか、今やほとんどの人々が何も知らずに、単なる休日としか理解していないだろう。かく言う私もこれが戦前の「紀元節」を復活させたものということは知っているが、そもそも「紀元節」がいつどのように制定されたか、大学の講義で学習したはずなのに、すっかり忘れてしまったので、この機会に手元にある資料で調べてみた。

 「紀元節」の歴史はそう古くはない。他の祝祭日と同様、明治維新後に制定されたものである。
 宮中行事の「神仏分離」により、1871年10月29日に四時祭典定則が制定され、その中で記紀(「古事記」「日本書紀」)神話において初代天皇として創作された「神武天皇」を記念する日として、3月11日が「神武天皇祭」と定められたが、この時点ではまだ「紀元節」はなかった。

 次いで1872年11月15日に政府は太政官布告で、「神武天皇」の「即位」(「日本書紀」が記す「辛酉春正月庚申朔」)を紀元とする「皇紀」を定め、翌年の太陽暦施行に合わせて、旧暦(天保暦)の1月1日に相当する1月29日を「神武天皇」の「即位」記念の祝日とした。1873年3月の布告で、1月29日の祝日は「紀元節」と名付けられた。
 しかし、同年10月に太政官が布告した「年中祭日祝日等の休暇日」では「紀元節」は2月11日に変更されていた(「神武天皇祭」は4月3日に変更)。2月11日になったのは「神武天皇」在位当時の中国の暦を用いて算出した結果とされたが、暦の調査を担当した太政官地誌課長の塚本明毅は後に『三正綜覧』(1880年)の中で、孝元天皇紀9年(前206年)以前は対照する暦がなかったことを認めており、「2月11日」には全く根拠がなかった。
 政府は「紀元節」を重視し、大日本帝国憲法(明治憲法)も1889年2月11日の「紀元節」に発布した。その後1891年「小学校祝日大祭日儀式規程」の制定により、「紀元節」をはじめとする天皇関係の祝祭日には、小学校で「御真影」(天皇・皇后の肖像)への「拝礼」、「教育勅語」の「奉読」、唱歌の合唱などの儀式を行うよう定められ、次第に社会へ定着していった。

 「紀元節」は第2次世界大戦後、1948年の「国民の祝日に関する法律」(祝日法)の制定により廃止されたが、右翼・保守勢力はその復活を終始望み、1957年以降、2月11日を「建国記念の日」とする祝日法改正案が何度か議員立法で国会に上程された。これは成立しなかったが、1966年、内閣提出の改正法案が野党の反対を押し切って成立してしまった。祝日法では通常「国民の祝日」の日付を明記するが、「建国記念の日」は「政令で定める日」と記され、法は日付を決めていない。政府がそんな異例の離れ業を使うほど、当時「紀元節」復活への良心的抵抗が激しかったのである。
 結局、政府お手盛りの「建国記念日審議会」の答申に従い、「建国記念の日となる日を定める政令」が発せられ、翌1967年より2月11日が祝日「建国記念の日」となったのである。

 以上の経過を見ればわかるように、「建国記念の日」及び前身の「紀元節」には何ら歴史的根拠がなく、近代国家が国家統合の手段とするために、古代の「神話」を曲解して「神武天皇」の「即位」日を捏造したのである。最近はこうした事実を語ること自体を「イデオロギー」的と敬遠する向きが強いが、むしろこんな反科学的な祝日を容認することこそ特定の「イデオロギー」に毒されていることをあえて強調したい。

*本稿を書くにあたり、村上重良『国家神道』(岩波書店、1970年)、朝尾直弘ほか編『角川新版日本史辞典』(角川書店、1996年)、高木博志「祝祭日」(原武史、吉田裕編『岩波 天皇・皇室辞典』岩波書店、2005年)等を参照した。ただし文責は言うまでもなく当ブログ管理人にある。

【関連リンク】
国民の祝日に関する法律-法庫
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-02-11 17:54


<< 「国民」を守れなかった日本政府... 「協同労働の協同組合」法制化の動き >>