教育の「平等」をめぐる齟齬~和田中の夜間特別授業

 東京都杉並区立和田中学校が、「民間人」校長の肝いりで、成績上位者のみを対象に大手進学塾の講師による夜間特別授業を始めた問題。
 この特別授業については多くの教育学者や教師らが批判しているように、成績上位者のみを対象とすることで生徒を「できる子」と「できない子」に分断していること、特定の塾の営利活動に与していること、学校教育の多様な目的を「難関高校の受験合格」に矮小化していることなどなど非常に多くの問題がある。
 結論から言えば「教育の商業化・市場化」を推進するものであり、すべての子どもの学習権を保障する義務教育の理念にも反する暴挙である。しかし、この問題の難しいところは単にその暴挙を批判するだけでは、当事者たる中学生やその保護者の「潜在的要求」との齟齬を生み、学校教育からの離反を招くだけであることだ。

 実際、今回の特別授業を批判しているのは専ら教育の専門家だけで、肝心の子どもや保護者は一様に歓迎ないし黙認している。
 「成績上位」の子どもや保護者の多くが何よりも「よい高校・大学」へ入学する(させる)ことを目標としており、彼らの主観に立てば「薄謝」で進学塾の講義を受けられるのは「恩恵」以外の何物でもない。
 一方、特別授業を受けられない「できない子」は受験競争から疎外されているため、そもそも学習意欲がなく、わざわざカネを払ってまで夜間補習を受けようとは思わない。故に「授業を受けられない」というフラストレーションは生まれず、むしろこうした差別を先天的に「できが違う」と考えて容認する。学習意欲の「格差」が家庭の経済力の「格差」と密接に関係しているというのは、東京大学大学院教授の苅谷剛彦氏が実証したところだが、その観点に従えば貧しい家の子どもには学習意欲がないので、「学びたい意欲はあるのにカネがなくて学べない」という子どもはほとんどいないことになる。
 つまり、「できる子」も「できない子」も今回のような選別・差別的な補習に不満をもつことはなく、むしろ批判者(専門家)は「できる子」からは「上」へ上がる機会を奪う者としか映らず、「できない子」からは何を怒っているのかさっぱり理解できない存在にしか映らないのである。

 しかも、東京の場合、すでに公立中学校に通っている時点で「負け組」であるという厳然たる事実がある。私が東京の大学に通っていた頃、家庭教師の面接で中学・高校の学歴の「不足」(地方出身の私は中学・高校とも公立だった)を言われ唖然とさせられたことがあるが(いくら大学が「一流」でも中学受験経験者でないとダメだそうだ)、それほど東京の子どもの進学ルートは複線化しており、その複線を所与の条件とするしかない人々には、むしろ今回のような試みは「教育機会の均等」に寄与するものとさえ考えられるのである。
 これは経済格差問題についても言えるが、「平等」をどう捉えるかということについて、この国には合意がないことに起因する。すべての人々が基礎教育を受けられる状態(すべての人々が最低限の生活を保障されている状態)を「平等」とみる人々と、誰もが「階層の上昇」機会がある状態を「平等」とみる人々とに分裂している。教育の専門家は前者であり、多くの子どもや保護者は後者だろう。

 この対立は生存権や義務教育を考えるにあたって見過ごせない問題であるが、私自身の中で詰め切れていないので、今回は詳述できない。私自身は「結果の平等」を伴わない「機会の均等」は無意味と考えているが、それを説得的に語る言葉をもっていない。今後も教育の「平等」の問題は考えていきたい。
[PR]
by mahounofuefuki | 2008-01-27 18:31


<< 既得権益への反発と大衆の「本音... 現行の社会保障制度は弱者を排除... >>