原告団は最大限の譲歩をしたのに政府は官僚の面子に固執した

 薬害肝炎訴訟の和解協議で、政府側は原告団が求める「全員一律救済」を受け入れず、協議は決裂の見通しとなった。
 すでに多くのメディアが報じており、私からは改めて説明することはない。というより昨日から放心状態で、この問題について書く気力がないというのが正直なところだ。

 原告団は1人あたりの和解金の減額や、血液製剤投与を実証できる患者に限定した救済を提示するなど、最大限の譲歩を行った。しかし、政府は司法判断を口実に、肝炎ウィルスに汚染された血液製剤の投与時期によって患者を区分し、一部の患者だけに和解金を支払い、残りの患者には「基金」をもって「活動支援金」を支払うという、原告を馬鹿にした案を突き付けた。
 舛添厚生労働大臣は、昨日の記者会見で「基金」は「原告の皆様の裁量」に任せると発言した。カネだけ出して、後は丸投げ。「賠償金」でも「和解金」でもない根拠のないカネを受け取れるはずもない。

 要するに福田首相は、「国民」の生命を守る「国家の責務」よりも、「国家の無謬性」に固執する「官僚の論理」を優先したということだ。製薬会社と国家官僚と御用学者の合作によって引き起こされた薬害である以上、その最も重要な一角を占める国が責任を担うのは当然のことだが、首相にはそれが理解できないらしい。
 ハンセン病訴訟の時の小泉純一郎や中国残留孤児訴訟の時の安倍晋三は、曲がりなりにも「政治決断」によって行政の長としての最低限の仕事をした。しかし、福田にはそれすらなかった。

 今後も薬害肝炎をめぐる闘いは続く。なお、原告弁護団は、首相官邸のホームページの「ご意見募集」に一律救済を求めるメッセージを送るよう呼びかけている。ぜひとも対応してほしい。
 ご意見募集-首相官邸

【関連リンク】
Yahoo!ニュース-薬害問題
薬害C型肝炎訴訟「命の線引きが残った」-JANJAN
薬害肝炎訴訟リレーブログ B型・C型肝炎患者の早期全面救済を!:政府、全員一律救済を受け入れず
薬害肝炎訴訟リレーブログ B型・C型肝炎患者の早期全面救済を!:国の提案の問題点
薬害肝炎訴訟全国弁護団ホームページ
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-12-21 12:49


<< 文部科学省は「軍の強制」否定に... 「反貧困たすけあいネットワーク」結成 >>