「小沢一郎のいない民主党」は不安ですか?

民主党の小沢一郎代表が辞意を撤回し、代表留任を表明した。
正直、この茶番についてブログに書く気力があまりない。あきれてものも言えないからだ。
(状況はまったく違うがなんとなく「加藤の乱」を思い出した。)

私は2回目の党首会談が行われた11月2日のブログに、福田側が連立協議をもちかけたのは「野党間を疑心暗鬼にさせて分断し、民主党内を動揺させて小沢氏への不信をあおる」ためだと推測した。その推測は正しく、民主党は動揺し、他の野党からは非難の声が上がった。
その後、11月4日昼過ぎに書いたブログで私は、一連の騒動に対する世論が「小沢ははめられた」と「小沢は裏切った」に二分されていると分析した。その時点では私はどちらが正しいか判断せず、ただいずれにせよ民主党は相当なダメージを受けたとだけ指摘した。

ところが、その日の午後、小沢氏は突然辞意を表明し、一連の経過について自らの口から説明した。そこで彼ははっきりと「あえて民主党が政権の一翼を担」うつもりだったと連立の意図をもっていたことを認めたのである(朝日新聞 2007/11/04 18:48による)。
これは参院選前からの「政権交代」「与党との対決」という公約を破棄したも同然の発言であり、私はその夜のブログで「主権者を裏切ったと言われても仕方ない」と批判した。

私は誰もが小沢氏の「裏切り」に怒るだろうと思っていた。
ところが市井でもネットでも、特に「政権交代」とか「野党共闘」とか言っている人ほど、小沢氏に寛容で、民主党の幹部たちと同様、辞めないで欲しいと追いすがっていたのである。
なぜ主権者を欺いた彼を許せるのか? 「小沢のいない民主党」がそんなに不安なのか? 
実際は小沢などいなくても政権交代は可能だと私は思うのだが、そう思わない人々のほうが多いらしい。私には理解できなかった。
そして小沢氏は一部の声の大きい人々に応えて、おざなりの謝罪だけで復帰した。
会談の「仲介者」の名をわざとぼかすという、陰謀説を好む人々へのサービスまで加えて。

これでもう今後、民主党内で小沢氏に意見できる者がいなくなってしまった。それぞれの議員の選挙事情がからむ「大連立」にはさすがに党を挙げて反対したが、個別の政策で小沢氏が与党に妥協しても「辞任カード」を出されたら何も言えまい。
(ちなみに大きく報道されていないが、民主党は昨日、最低賃金法改正案と労働契約法案について与党と妥協した。)

小沢政権のもとで消費税増税や自衛隊海外派遣の恒久化が行われ、今日のことを後悔する日が来ないことを祈るばかりである。

【関連記事】
「新体制」の不気味
「小沢一郎」をめぐる言説
小沢一郎は自爆した
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-11-07 22:41


<< 線グラフは余計です 本格化する消費税増税の動き >>