「ほっ」と。キャンペーン

教科書検定に関する石井郁子議員の質問

24日の衆議院文部科学委員会で、日本共産党の石井郁子議員が、文部科学省の教科書調査官や教科用図書検定調査審議会委員の人事の不透明について質問した。
“靖国史観”教科書の人脈 検定に強い影響力 石井氏質問 (しんぶん赤旗 2007/10/25)
以前、私は当ブログで、教科書調査官4人中2人が、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を監修した伊藤隆氏の門弟であり、審議会の委員にも「伊藤一門」の学者がいることを指摘したが、石井氏の質問はその事実を踏まえたものである。
従来、もっぱら教科書調査官の村瀬信一氏のみがクローズアップされていたが、実際はもっと多くの「伊藤一門」の学者が検定に関与していることが国会で明らかになって、この件の火付け役としては感無量である。
これを機に、教科書検定過程の徹底検証が進むことを期待したい。

【関連記事】
教科書改竄の「黒幕」
教科書検定の徹底検証を
沖縄戦の「集団自決」に関する教科書検定問題の資料

【関連リンク】
KINS近代日本史料研究会「科学研究費成果報告書」
伊藤隆氏が代表を務め、文部科学省の科学研究費を受けている研究プロジェクト。中核メンバーは「伊藤一門」で、教科用図書検定調査審議会委員の有馬学氏、広瀬順晧氏や、教科書調査官の村瀬信一氏が参加している(ただし、村瀬氏は教科書調査官就任後は不参加)。伊藤氏の学界における影響力と、検定関係者とのつながりがわかる。
このプロジェクト自体は、散逸している史料の発掘・公開を目指す正当な研究で、関係者には伊藤氏の歴史観とは明らかに異なる人も多いので、誤解のないように。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-10-25 12:16


<< 悪の秘密結社? 反省しない厚生労働省 >>