不快な小泉の動き

不快なニュースが入ってきた。
以下、朝日新聞(07/10/12/20:05)より一部引用する。
 自民党の小泉元首相が表舞台で動き始めた。6年半ぶりに出身派閥の会合に出席したかと思えば、12日夜には他派閥の合同懇親会にも姿を見せた。来月には東南アジアへの外遊も予定している。安倍前首相の辞任に伴う総裁選で擁立論が再燃した「政局の小泉氏」。活動の再開ぶりが「政界再編への布石」との憶測も呼んでいる。
 12日、小泉氏が顔を出したのは、武部勤・党改革実行本部長のグループ「新しい風」(32人)と二階派「新しい波」(16人)の会合。両グループとも、05年衆院選で大量当選した新人議員を多く抱える。「郵政反対組」で落選した前衆院議員の復党も取りざたされる中、新人議員からは「無節操な復党に小泉氏が黙っているはずがない」との期待感も集める。
 この日の会合で、小泉氏は「人生には上り坂、下り坂。政治は『まさか』がよくある。来年には選挙があるだろう。次の選挙に向け、何らかの形で協力していきたい」と強調した。
今でも小泉純一郎氏の人気は高い。先の参院選でも彼が応援にやって来ると、常に満場の人だかりだった。安倍「逃走」直後にも再登板を乞う動きがあった。巧みな弁舌に衰えはない。「選挙の顔」としては小泉以上の人材はいないだろう。
そして何よりも、参院選の大敗による国会の「ねじれ」状態を受けて、福田政権は今後露骨な市場原理主義路線を取りにくくなるという事情がある。庶民にとって小泉は生活を破壊した「極悪人」だが(ただしそれに気づいていない人も多いが)、富裕層にとっては「神」である。特に株や不動産で莫大な収益を得ている不労高所得者たちにとっては、市場原理主義政策の継続が至上命題であり、自分らを最大限に優遇した小泉に期待している。

次期衆院選までに自民党総裁への返り咲きを目指すのか、あるいは自民・民主両党の市場原理主義者たちを集めて新党を結成するのか、今後の政局次第だが、これ以上貧困と格差を拡大させないためには、絶対に小泉再登場を阻止しなければならない。
イメージだけで小泉に騙されて、生活が苦しいのに選挙では小泉を支持するという矛盾した行動をとる人々の目を覚まさせる必要があるだろう。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-10-13 10:23


<< イラク戦争への「転用」だけが問... 舛添のパフォーマンスにだまされるな! >>