ブログ開設1か月

ブログを始めて1か月がたった。

特に確たる目的もなく、普段ニュースを読んでいて思ったことを書こうということで始めたのだが、読み返してみるとテーマも主張もずいぶんバラバラである。「難民世代」が読み解くと銘打っていながら、あまり「難民世代」的じゃないのも問題だ。「次はこれを書こう」というようなプランやストックがなく、その場その時の感覚で書いているので、一貫性がないのは仕方がない。

とりあえず今日まで毎日更新することができた。特に毎日更新を目標にしたわけでもないのだが、質の高いことを書く能力がないので、開設当初はとにかく「質より量」と思ったのも事実。さすがにブログを始める前よりも睡眠時間が減ったが、ボーっとネットサーフィンしているよりは、指を動かす分だけ健康的だろう。

トラバもコメントも認めていないことについて、他のユーザーのブログで名指しではないが、批判めいたことが書かれていたが、それについては私の力不足です、としか言いようがない。
インターネットを始めたのが普通の人よりもずいぶん遅れたので、何より文字を打つ速度が遅く、記事を更新するだけで精いっぱいなのだ。
ほかのブログを見ると、トラバはスパムがかなり多いようだし、コメントは放置すれば時間はとられないが、せっかく書いてくれたものを無視はしたくない。アクセス数(それも水増しされているような気がする)から想定して、そんなにコメントが来るとも思えないが、後から処理できなくて「やっぱりやめます」というのはかえって不誠実だと思うのである。
どうしても何か言いたかったら、掲示板なり自分のブログなりで、引用して煮るなり焼くなりして結構なので、どうかご了承を。ミクシィとかでなければ、いつかは私の目に留まるはず。
もう少しパソコンに慣れたら、解禁するかもしれないけど。

今後はもう少し賞味期限の長い記事を書けるようにしたいと思っているが、あくまでもマイペースで続けるつもりである。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-09-29 13:09


<< 教科書改竄の「黒幕」 橋下発言はツッコミどころ満載 >>