何が「家族だんらん」だ!

舛添要一厚生労働大臣が、「ホワイトカラー・エグゼンプション」法案を、「家族だんらん法案」に改称するよう指示したという。
この1件だけでも、彼が「民衆の味方」でありえないことは、はっきりしただろう。

「ホワイトカラー・エグゼンプション」とは、要するにホワイトカラーの残業代不払いを合法化する法である。
今でも「サービス残業」という不可解な言葉で正当化している「ただ働き」を、完全に合法にし、労働者の奴隷化を推し進める、支配階級の要求に沿った政策である。

これを「残業代がなくなる」→「残業をしない」→「家族だんらん」という安直な発想で、「家族だんらん法案」にしてしまうとは、法案の本質を隠蔽するための小細工でしかない。
残業をするかしないかの決定権など、今やほとんどの労働者にない。残業しなければとてもこなせないほど大量の仕事を企業が与えている上、能力主義・成果主義の導入で労働者自体が「自発的に」残業をするよう仕向けられている。残業してでも成果を挙げなければ、会社に残れないからだ。
つまり、労働環境が現状のままでは、労働者が「家族だんらん」のために、残業をやめることなどありえないのだ

もし「家族だんらん」を可能にしたかったら、小泉政権下で経営者側に有利なように緩められた労働法制を強化することだ。
労働時間を厳密に定め、残業を一切禁止し、違反した企業の経営者を厳罰に処すような法改正でも行わない限り、労働者の人間性回復はありえない。
自民党政権にはとうていできないことだ。

薬害被害者の声に耳をかたむけず、年金問題を社会保険庁職員の着服問題に矮小化し、ついには労働者に過労を強要する。舛添氏とは、そういう男なのである。
これを機に、テレビに操作されず、彼の真実の姿をきちんと直視してほしい。
[PR]
by mahounofuefuki | 2007-09-11 23:19


<< 最後の最後まで「坊や」だった 年金消失 「5兆円」と「1億円」の差 >>